かりんが戻ってくれたら、わたしはもう何もいらない。

頭の中が真っ白になりました。
悪夢だと思いたかった‥でも、紛れもなくその窓は開いていて、かりんは外へ出て行ってしまったのです。

d0355259_22090488.jpg
もう二度と会えないのかな?
不安に苛まれ、何度も何度もこの思いが胸に込み上げて生きた心地がしませんでした。

10月4日の晩、20時半頃かりんとなつめの姿がないことに気がつきました。
掃き出し窓を閉め忘れたまま、その部屋への扉を開放してしまったのでした。
脱走してから10分ほど経っていたと思います。
主人に知らせて二人懐中電灯を片手に近所を探しました。

しばらくして主人が数軒先のお宅の庭にかりんの姿を発見。
声を掛けましたが走り去ってしまい、またもや姿が見えません。
一旦、家に戻るとカーテンの陰に姿が!なつめでした。
驚いたなつめは一気に家の中へ。
残るはかりん。どうか近くに居てくれますように!無事に戻りますように!

家の裏手に回るとフェンス際にかりんの姿、怖がらせないように声を掛け少しずつ近寄りましたが、
脱兎の如く闇に消え去ってしまいました。


1月にお爺ちゃんとお別れした後、新たなことを試みてから様々なことが起きていました。
そんな中起きたかりんの脱走、かりんのいない暮らし。
どんなに悔やんで自分を責めても、かりんを戻すことも時間を戻すことも出来ません。
一人きりになると泣けて来て苦しかった‥主人とこの苦しさを共有することは出来ていなかったと、
今も思っています。
脱走の原因を作った張本人はわたし、いっそ責められた方が楽だったように思います。


脱走から9日経った昨日、13日の晩にかりんは家の中へ、そして奥へ。
戻って来たかりんは、意を決してわたし達の呼びかけの声に小さく返事を返してくれました。
9日振りのかりんの声、不安げに泣いていました。

d0355259_22084604.jpg
かりんとの突然の別れに置き去りにされたと思い込んだなつめ。
嘔吐や便秘の症状に加え、泣いて泣いて暮らした数日でしたが、、

無事帰還のかりんに気持ちの整理が出来ないまま威嚇が続いています。
また、付かず離れずの姉弟に戻れるでしょうか?


かりんが無事に家に戻れたのは奇跡と思っています。
切ない中でのSOSにたくさんの方の手助けがありました。
動物達が結んでくれた人の繋がりだけは、信じられる。と強く思ったのでした。


[PR]
by appletree_fam | 2018-10-14 22:34 |


元気なおじいちゃん日々是好日


by turquoise

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
今日のお爺ちゃん
いつかのお爺ちゃん


記念日
遠征散策
プチ観光
小旅行記
スイーツ小休止
健康
付箋
未分類

最新の記事

正夢
at 2018-11-12 20:40
大きなお爺ちゃん*負の遺産
at 2018-11-11 15:09
いつかのお爺ちゃん*前夜当日
at 2018-11-10 11:56
小梅の成長
at 2018-11-08 22:19
かりんが戻ってくれたら、わた..
at 2018-10-14 22:34

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月

画像一覧

記事ランキング

検索

タグ

(66)
(50)
(22)
(5)
(4)

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ブログジャンル

犬
猫